2010年07月21日

ぶれいぶるー☆SS [雑記>ゴミ箱]

りべるわん聴いた直後に書きなぐった短文を発掘しました。
記憶の奥底に沈めておくだけなのも勿体ないので、ゴミ箱に放っておこうと思います。
多少腐ってる気がするけど公式よりは全然普通だから注意書きはしないよ!!
まぁそんな感じで。

タイトル『ラグナが1番簡単に稼ぐ方法』



日が暮れ始め、街中の人口密度が下がって来た頃合。
短期バイトを渡り歩き、粘着クレーマーとの不毛な争いにがっつりと体力を奪われたラグナがへとへとになりながら辿り着いたその場所は、よりによって因縁の、統制機構カグツチ支部であった。
「この手だきゃあ使いたくなかったんだが…」
しかし背に腹変えられないのも事実だし、とラグナは思う。
落ち着いて考えればそんなに差し迫った問題でないのは明白だが、そんな真っ当な思考力は、疲労のために既に失われているのであった(もともと気の長い方でもないし)。
奥の手も奥の手、正真正銘の“最後の手段”に手を出す決意を固め、その扉を開いた。

―師団長室―

「うぉらジン!!!」
扉が壁に叩き付けられる音とともに深く響く低音。
聴き間違えようがない最愛の兄の声に、ジンは一瞬で自分のスイッチが入った事を自覚する。
「兄さん!!なぜ統制機構(こんなところ)に…」
「うっせぇ気色悪い。いいか単刀直入に言うぞ。
一晩相手してやる(※)からお前の銀行口座のカードと暗証番号よ・こ・せ」※戦闘的な意味で
そう、ラグナの“最後の手段”とは、定職に就いて真っ当に働いている弟の給金を強奪する事であった!!
カツアゲと何も変わらない、兄としてのプライドも人としての尊厳も投げ打った、“就職難舐めんな無職の怖さを思い知れ”作戦である。

「ククク…ハハハハハ…」
兄の衝撃発言などお構いなく、ジンは驚喜に震えていた。
「まさか、兄さん自ら僕に殺されに来てくれるなんてね。
いいよ、これは持って行って」
言いながら卓上に通帳とハンコを置くジンさん。仕事場に置いてあんの?等の無粋なツッコミは今回はご遠慮願いたい。
落ち着いて考えるとあまりにも悲惨なシチュエーションだが、生憎ジンは、そこいらの自称知識人どもが定めた倫理観など持ち合わせていなかった。流石は肉親殺し経験者である。こんな人間が警察と軍人の中間のような職に就いている辺り、ブレイブルー世界の荒みっぷりが窺えよう。
そしてヤンデレが発動する。
「ただし、朝まで兄さんが生きてたらね…!!!」
「やってやらぁ!!」

いつものニャンニャンに突入し、朝はすぐに訪れた。

「俺の勝ちだな」
「くっ、届かないのか……」
ラグナは床に転がっている半殺し状態のジンを踏み付け(ひどい)、事務机の通帳と印鑑を手に取った。
「あばよ」
そのまま統制機構を出て行った。

そして銀行に着いたラグナ。
「さて、“イカルガの英雄”さんはどれだけ稼いでらっしゃるのかねぇ」
ニヤニヤしながらATMに通帳を入れる。と。
「残高…5万…?!
ふざけんな!こちとら命を危険に晒して稼いだんだぞ!!」

その口座の金を稼いだのは、同じく命を賭してイカルガ内線を戦った自分の弟である事は棚に上げるラグナだった。

終われ。

***

ちなみに最後の台詞のあとラグナさんは「あいつ英雄とか言われて持て囃されてるくせに何だこの額!ちゃんと仕事に見合った給料貰わねーとダメだろまったく!!」とか得意の世話焼きを発揮してれば良いと思います。いやニートが言う説教じゃねえだろって話ですが。
あと思い付いたから書いてみたけど、ラグナさん、流石にここまで落ちぶれてないよねぇ…w
まぁ二次創作なんで。可能性を探って行くのも醍醐味。のはず。

ちなみにコンシフ家庭版も少しずつ進めてるんですが、ストーリーモードのジンさんルートの「助けて!ココノエ博士」にて18禁BL的描写あって吹いたw
公式であそこまでやっちゃって良いんだ…いやはや!
(だからってこれを読んでから期待して見るとガッカリすると思うけどw)

ジン&ハクメンルートをコンプると出る特典ボイスも最高でしたね。
リレー形式の質問があって、かっきーには植田の佳奈様からの質問が来たんだけど、その質問を聞いた時に想像した通りの答え+αなかっきーの回答に興奮せざるを得ないね!w
あの妄想劇場は何なの、マジ何なの…w

今回はシステムボイスもあるし、柿原ファンならとりあえず買っとけマジで。って感じですね。
…ううむ脱線した。まぁ良いか、るー☆の素晴らしさが伝われば。

あ、ハクメンルートのハクメン×ツバキ展開もオススメです!
じゅにスラ 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>ゴミ箱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156953756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。