2005年09月22日

補完なのか蛇足なのか [雑記>ゴミ箱]

腐ってますので閲覧には注意されたし。

5000記念企画のエグゼの方はSSだったワケですが、あれは一応「見る人が見れば熱炎」とゆー
ラインを狙っていたのですよ。
でも、いざ完成してみたらそんな気配が全然無いことに絶望して急いでこしらえたのがコレ。
(でも副社長は出てこないw)
今回はあとがきやタイトルすらありません。だって補完のつもりだから……っ!
(展示場にて公開中の「クーラー病と海」をお読みになってから下に進んでくださいませ)

元々5000記念を閉じた時に一緒に捨てるつもりだったのですが、
面白かったーみたいなことを言ってくださった人が居たのでこんな形で残しておきます。

↓あとがきに替えて
熱斗くんホントに冗談ですから。そこまで外道っ子じゃないよ。
祐一朗さんならやってるだろうけど。


『それで熱斗くん、(大体予想はついてるけど)なんでそこまでして炎山と海行きたかったの?』
「えー、決まってるじゃん。
水着。」
『(予想通りすぎてつまんないなぁ…)』
「そんで適度な太さの乳白色のアイスキャンデー舐めさせるとか、色々考えてたんけどなぁー」
『適度って何に対してなのかは聞かないでおくね。
聞きたくないし』
「あと着替えるときに“ドキッ★”な展開があると思ったんだけど、着替える気配すらないし。
ガード堅いって燃えるけど、ここまで来ると流石にツラいっての」
『星が黒いあたりにキミのダメさが伺えるよ…』
「ああ、でも満員電車は良かった!
あの炎山があそこまでくっついても怒らないの初めてだった」
『ね、念のために聞いとくけど、流石に痴漢だけはしてないよね…?』
「それはもちろん」
『ふぅ、良かtt』
「やった」







「……え、ちょ、冗談だってば!ロックマーン!!」
じゅにスラ 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>ゴミ箱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。