2007年03月23日

第27話 「決戦!ネビュラ基地」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

1度最終回の感想書いたのに、また何事も無かったかのように前の感想に戻ってるのは気にしたら負けだぜ!w


物凄くあっけなくアネッタを誘拐されてしまった熱斗くん&炎山。
ドクターリーガルを疑い始めていた副社長は「もっと早く気付くべきだった…」と怒ってらっしゃいますよ。
リーガルさんが滞在していたホテルに行くと、既にもぬけの殻。ただPCだけは残されていたので、その中から現在はタンカーに居るだろうと情報を引き出した。

…いや、逃げ場所が判る物を残してるって明らかに罠だろ…。
あーでも他に手が無いのも事実か。よくあるパターンだ。

副社長はジェットヘリを手配しますよ。
熱斗「タンカーに殴りこむのか」
炎山「熱斗」
熱斗「なんだ、どうせ、また“足手まといだ、ついて来るな”とか、言うんじゃないだろうな!」
炎山「いや」
熱斗「?」
炎山「今度ばかりは、1人じゃ無理だ。一緒に来てくれるか?お前の力が必要だ」
熱斗「(呆然)……当たり前だ!」

これだからライバル萌え。…じゃなかった、燃え。

あと、タンカーに不時着して慌ててヘリを降りるシーンがあるんですが、
副社長が熱斗くんの腕を引っ張って降りるんですよ。
この辺コマ送りするとすっごい萌えるよ!!!!(´Д`*)

そしてその直後のやり取り。
炎山「熱斗!」
熱斗「炎山!」
2人「「クロス・フュージョン!!」」

相変わらずのツーカーっぷりだなぁ。アネッタが見たら妬くぞ。(メイルちゃんでも可)

甲板のウィルスを片付けて船内に入るとゆり子に遭遇。
「あの方がお待ちよ」
と言われて案内された先には、ドクターリーガルが。アネッタも居ます(寝てますが)。
リーガルさんは自分とダークロイドの関係とかを語ってくれます。
色々省いて説明すると、ダークチップをエサにダークロイドを支配してたけど、最近手を切ったので逆に恨まれて追い掛け回されてる。みたいな感じ。
(だからリーガル所有のタンカーがウィルス達に襲われてるわけですね)

そこへシェードマンさんまで出て来てひと揉め。
熱斗「こうなりゃ奥の手だ…炎山!」
炎山「いいだろう」
2人「「ダブル・プログラム・アドバンス!!」」

息が合いすぎです><

それでも効かずに吹っ飛ばされてしまう2人。
それにしてもあれですよね、吹っ飛んでる途中でCFが解けるって珍しいですよね。
おかげで貴重な副社長のフトモモのラインを拝めt(黙れ。

シェードマン様がNS2人(=雑魚)を無視してリーガルに近付いてよく見ると、実はそこに居たのはリーガルではなく、レーザーマンだった!
レーザーマンの方が1枚も2枚も上手(うわて)なので、ディメンショナルコンバーターを消してしまい、必然的にシェードマンは電脳世界に退散。
慌ててアネッタに駆け寄ると何のケガもなく無事。ただずっと眠ってたので情報は引き出せず。

しかしシェードマンが最後っ屁でタンカーを沈没させようと暴れ始めた。
来るときに使ったヘリは既に破壊されてるし、他に残ってたヘリもゆり子が乗って行ってしまった。
脱出手段が無い=タンカーが沈んだらこの世からさようなら。
それだけは防ごうとロックマン&ブルースが必死で戦うが、実力の差は歴然。2人がかりでもシェードマンに歯が立たない。
最後の手段として、ナビの性能を一時的に飛躍させる強力なダークチップ(使うと必ずダークロイドになってしまうというオマケつき)を使うかどうか悩む熱斗くん。ロックマンも使うように熱斗くんに進言する。
覚悟を決めた熱斗くんがダークチップを掲げる…
…と、すんでの所で炎山が奪う。
炎山「許せ、ブルース…!」
ブルースに使ってしまった。

おかげでブルースはいつものヘタレっぷりが嘘のような大活躍。
その間にロックマンがエネルギー炉の加熱を止め、タンカーはなんとか無事。
しかしブルースが暴走しかける。
ブル「炎山様!」
炎山「!」
ブル「あなたのナビだった事を、誇りに思っています…」

はいフラグktkr!(・∀・)

そしてシェードマンは撃退、助けに来たネット警察のヘリに乗って3人は無事に帰還。
ただブルースだけは帰って来ませんでした…。

おしまい。
あ、意識無くなる直前でブルースソウルを手に入れる話があったんだけど上手くまとめに入りませんでした。申し訳ない。

そんな訳で、今回はまさにAXESSのターニング・ポイントとなる話でした。
Dブル(ダークブルースの略です念のため)の件って最終話の1つか2つ前まで引きずるし。
それにしてもこの頃の副社長は結構落ち込んでて、見てて非常に萌えr…痛々しいですな。


次回予告。
熱斗「オレたちの目の前で、ブルースがあんな事に…。
オレはダークチップの脅威を改めて思い知った。
だけど今、ブルースを失った炎山の事が心配だ…」


シリアスな話なのに腐れフィルターの所為でニヨニヨしてしまうwwwwww
もっと!もっと心配してあげて熱斗くん!!!

でも次回の「ウェアラブルコンピューター(=身に着けるコンピュータ)」てすごい好きだ。
来るべきユビキタス社会の象徴になりますよ!!!
どっかの会社の理念に書いてあったけど、「端末に触れていると意識せずに端末に触れ、情報を引き出す世界」(=たぶんこういうのをユビキタス社会って言うんだと思う)って憧れるなぁ。
どっかの会社で発明してくれないかなぁ。あ、でもまだホログラム技術が開発されてないから無理か。ちくせう。

2007年03月14日

最終回 「光とどく場所」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

※15日3時頃 記事タイトル直しました
どこからコピペしてるのか丸判りだった…スイマセン;


27話以降がすっぽり抜けてるのは気にしたら負けだ!!!
いや、余裕があったら感想書きたいとは常に思ってるんですけど…時間活用が下手なのでなかなか…。
という訳でいきなりですが最終回(第51話)の感想。


Streamを見終わってから改めてみると、リーガルさんが夢の泉においてのデデデ大王(@星のカービィ)に見えなくも無い。
いやほら、世界征服しようとしているように見えて、実はもっと強い外敵であるデューオ(ダークマター)から地球(プププランド)を守ろうとしてた辺りが。
まぁデデデ大王と違ってリーガルさんは地球制服が第一目的で、デューオを退けるってのはその次についでにやっておかなきゃいけないってだけだったんでしょうけどw

いやしかし、熱斗くん恰好良いよ熱斗くん。
普段おちゃらけだけど、やっぱ主人公なだけあってやる時はやってくれるし。

あとブルースに声かけて、ちゃんと反応してくれた時の嬉しそうな顔してる炎山はかわゆいw
(いや副社長もやる時はしっかりやって恰好いいんですけど…!個人的にはかわゆいの方が先に立つw)
だってほら、傷が治ってない身体でレーザーマンと戦ってる時に、特に攻撃受けた訳でも無いのにアネッタと熱斗くんに「炎山…!」とか心配されてるんですよ。おまいはどこのメインヒロインかと小一時間(ry。
このアニメのヒロインは桃組の2人と炎山なんだよきっと。
プライドさんとかもそうだけど、あの人滅多に出て来ないし。ジャスミンはこの時まだ出てないし。
……腐っててスイマセン…。

ルルーシュの低音は無理してる感がありありなのでビミョーだと思いますが、サーチマンの低音はかなり好きだったりします。
なんだろうこの違いは…

にしても最終回の見せ場で挿入歌にOP使うのは反則だろ!燃える、燃えるよ…!!(つД`)

やっぱ熱斗くんの魅力は、等身大の小学生らしさだと思います。
「完熟マンゴー食べたい完熟マンゴー食べたい完熟マンゴー食べたい」の辺りとか。かわゆい。
さっきはあんなに恰好良かったのにwwwwww

そして最終回のEDになって見た事も無いメイドさん(いや多分やいとちゃんとこのメイド長さんだろうけど)がすごいアップになってるカットがあったり、なんなんだよもうw
この辺さすがXEBECクオリティ!w

原画に足立慎吾さんと岡勇一さんの名前を発見。
いや特に意味は無いのですが、個人的に凄く好きなのでw

2007年02月05日

第26話 「青き炎の記憶」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

前回の次回予告で腹黒ックマン(はらぐろっくまん、とお読みください)にまで「くすくす」とか言われてた、アネッタ初登場の回にして炎山のデート回ですよ。

何が面白いって、ネビュラに捕まってた(フリをしてた)アネッタを抱き起こして「大丈夫かい?」と言うんですよ。炎山が。
さすが大企業の副社長なだけあって、そういう思考(フェミニストっつーかレディファーストっつーか)が身についてるんだなぁ、と萌える所w
てゆか副社長、アネッタと並ぶと色白が強調されるなぁ!(´Д`*)

アネ「遊びに行かない?」
熱斗「俺、これから約束があって…」
アネ「そう…炎山は?」
熱斗(どうせ断るんだろうなー)
炎山「俺なら、構わないが」
熱斗「えぇっ!? …いーーーっ…」

熱斗くんの反応が正しいと思いますwwwww
その後も「こんな面白いもの見逃したら一生後悔する」とか言って、炎山のデートの後つけてるしw
(正しい反応)

つーかなんでこんな定番のデートコース(だと思う)を押さえてるんですか副社長。
レーシングゲームに慣れてたり、わざわざアネッタの手を引っ張ったりしてあげてるし。
足の悪い子が笑顔になったのを見て糸目な笑顔になるし (←最高に別人)

ところでアネッタは、昔お世話になった看護ナビを炎山(つかブルース)が助けてくれなかった事を逆恨みしてたワケで。
見捨てたんじゃなくて、それが最善の策だったしそのナビも望んでた事だから仕方なかったんですけど。
炎山はそんなアネッタの正体に気付いてて。
あー…良いなぁ。頭の良い子は大好きです。

そんな時、ネビュラ(ゆり子)の陰謀でアネッタと一緒にエレベーターに閉じ込められてしまった炎山から、熱斗くんに通信が入る。

炎山「熱斗、いるな?」
熱斗「え、ええ炎山!!
 え、あ、いや、やや、や、勘違いするなよ!別にオレはお前たちのデートを覗いt」
炎山「そんな事はどうでもいい。それより、手を貸してくれ」

…イチャついてるようにしか見えないっ!(頭が可哀想な人なんですすいません)

ロク「大丈夫?ブルース」
ブル「当然だ」

こういうやりとりは萌えと言うより燃え。

そして戦闘後、一瞬(本当に一瞬)目を離した隙に、ゆり子さんにアネッタ連れ去られちゃってました。
ショボい、ショボすぎるwww

来週はAXESSの半分の核となるあの話!

2007年01月10日

第25話 「ビデオマン、リターンズ!」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

この回ってぶっちゃけ作画そんなに良くないんだけど、すごくエグゼっぽいし、すごい萌えが詰まってるし、エグゼシリーズ通して1番好きかもしれんw

今回、劇中でよく使われる映画があるんですが…

今年度最高の話題映画・「STAR Potter RELOADED」!
勝つのは宇宙か、魔法か、バーチャルワールドか?!

……色々混ざってるぅぅぅぅうううううwwww
そういえば某有名SFのエピソード1とか、某魔法少年ファンタジーとか、某有名近未来SFアクションの第2作とか、人気作が沢山公開されてた時期ですね。
この映像のシュールさを皆さんにもお見せしたいw

それよりこれ!
熱斗くんがスタポタ見たいというのを往来でデカイ声で叫んでたら、いきなり現れた副社長が「スタポタか。」ですよ。
先週商談でアメロッパに行った時に、プレミアム試写会で既にご覧になったらしいです。
それでねそれでね!そのプレミアム試写会の回想カットでね!

リムジンから降りてくる、スーツの副社長…!!!!

スーツだよスーツだよスーツだよスーツだよ!!11!(´Д`*)
(※じゅにさんは敬虔なスーツ属性です)
しかもショタのスーツなのに似合ってるんだよこの人!うわぁぁあ!!!
 一 生 つ い て い き ま す !(゚∀゚*)

そしてその話を聞いてた熱斗くんが
「スターと一緒にぃ!? すっっっげー!!! サイン貰ったぁ?!?
あーああぁいいなー!いいないいないいないいなーいーいーなー!!」
と大はしゃぎで炎山に抱きつきました。

( ゚д゚ )

(⊃д⊂)ゴシゴシ

( ゚д゚ )

Σ( ゚Д゚;)

くぁwせdrftgyふじこlp;@!!!!!!
あああああああああああああーーーーーー!!!(ローリング)
現在の僕の心境は (´Д`*)←この顔文字を100個くらい並べた感じだと思って下さい。
公式でここまでやってくれてたなんて知らなかった…!
あああ、今まで知らなかったのが勿体無い!畜生!!

戦闘終わってからも「やったねー」と2人でゲンコツをごっつんこしてるし。
副社長、レンタル屋の前で「やっぱりレンタル中で借りられなかったー!」と騒いでる熱斗くんを誘拐(違)して、映画館貸切にして主演俳優集めて続編の特別上映会やってあげるし。
……なんで今回そんなにイチャついてるの!?(コラ)

もうダメだ、僕はもうダメだよパトラッシュ……真っ白に萌え尽きちまったぜ……。

何一つ包み隠さずにはっきり言うと、
熱炎派の人は絶対に見た方が良いよ!!!(うわぁ。

第24話 「灼熱マグマの戦い」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

今日の炎山て、熱斗くんを合流させるか?と名人さんに言われた時は
「オレとブルースだけで充分です」って恰好良いのに…
なんで祐一朗さんにきっちり「行って来ます」って言うんだろうw
何か可愛かったw

そして温泉での
透くんの長い話→聞かずに飛び込もうとする熱斗くん&チサオ→透くんが止める→入ったー!と思ったら熱かったー!!
の流れがテンポ良くて楽しい。
間欠泉の前で「10分は『じっぶん』が正しい読み方よ」「へー」「へー」「へーっチュ」とか、この回はギャグが楽しいwww

この頃の(スタジオダブの)高橋さんは良い仕事してるなぁ。
ぶっちゃけ炎山の作画はこの人のが1番美人じゃないかと思う。

んで久々のタッグ攻撃ですよ。…久々っていうか、この頃はまだそんな回数重ねてないか?
マグマに飛び込むためにマグマ以上の温度を身にまとう、ってのは凄い発想だとは確かに思いますが。
それに耐えられるならそのままマグマに突っ込んだって大丈夫じゃないのか?w

今回1番のびっくりシーン。
「どう? 炎山も温泉」
「そうだな…任務が終わったからそれも悪くない」 ←Σ(゚Д゚;)!?
えええ、温泉!?
いやそんな、普段あんなに露出度低いのに他人と温泉なんか入っちゃうんですか?!
マジで? ガチで? 本気で?

とか思ったら本当に入ってるし!!
熱斗くん・チサオ・炎山・透くんの4人のショタの裸(上半身)!!!
何なんですかこのカットは! けしからん、けしからんぞおぉぉぉおおお!!!!(´Д`*)
まぁ副社長が湯船に浸かるシーンは無いんですけどね(´・ω・`)
直後に皆と朗らかに笑い合ってたり、物凄く嬉しいけど物凄い違和感。
でもこの回は保存版!w(脱いでるから)

第23話 「戦慄の超エネルギー」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

今回は熱斗くんが無駄に炎山に絡む絡むw
「お前知ってたの!?」「なーんで教えてくれなかったんだよ!!」とか。
楽しいw

とりあえずDr.リーガルの「可愛いネットセイバーくん達だ」には全力で同意。
見る目あるじゃないかリーガルさん!!w
そして熱斗くんと炎山が大体の場面で隣同士なのは割といつもの事ですが、今日は祐一朗さんがリーガルさんに近付きすぎだと思いますw

久しぶりにオバケを怖がるロックマン。
なんで電脳世界にオバケなんぞ居るんだよwと思ったら、今回はちゃんと理由があったのですね。意外だった。
(しかしココには書きませんw)

今日の熱炎ゴールデンコンビは、珍しく作戦内容をきちんと話してました。
いつもツーカーで視聴者置いてけぼりなのにw
そして更に珍しい事に炎山が敵に捕まったり。
熱「撃てない…撃ったら炎山が…」
炎「構わず…撃て、熱斗!」
言うまでもなく熱斗くんは撃てなかったですよ。つかそこで撃ったら主人公じゃない。
うわぁ王道。すげぃや、燃える!!

そして副社長はこの頃からリーガルさんを疑ってた、と。
リーガルさん編、長いからなぁ…。悪役オーラ、滲み出てたのでしょう、きっとw

第21話 「シェードマンの野望」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

ダークチップ使う輩が多い所為で暴走するネットナビも増え、お仕事大変な熱斗くん。
しかし更に次の仕事が入る。
名人「すまないが急行してくれ。炎山くんも頑張っている!」
熱斗「〜っ、炎山か…アイツにだけは負けたくない!」
萌えた(゚∀゚*)

てゆかこの話、リアルタイムで見た記憶あるや…!
あのアヒルさん足漕ぎボートに乗れば良いのに、副社長w
いえ水上バイクを駈る姿も恰好良かったですけど。そこは文句無いんですけど。

そして敵の待つ建物に2人別々に突入し、中で合流。
エレベーターに乗るが、敵の罠でワイヤーが切れて落ちてしまう。
熱「どうなってんだ!?」
炎「お前、何をした!」
熱「何もしてないって!」
…信用無いなぁ熱斗くん。頑張れw

てゆか今回、全体的に戦闘シーンが熱いですね。
後にお馴染みとなる(多分)、
熱「炎山!」
炎「(頷く)」
っていう、他人から見たらさっぱり解らないのに通じてるやりとりとかあったし。

熱「その手があったぜ!」
炎「フ。成程、そういう事か」
熱「今回はお前に任せる。うっかり、チップ全部使っちまったし。
  その代わり…1発で決めろよ」
炎「解ってる」
とかね!熱いね!
ちなみに、熱斗くんが囮になった隙に炎山が上空から斬る、とかそんな感じの作戦でした。
囮として攻撃受けてる時に、「今だ……炎山ッ!」って、まずその台詞だけで熱い。恰好良い。

どうでも良いけど最後のシーン、熱斗くんの肩にある手って肌の色から考えるに副社長のだと思うんだけど…
気のせい?気のせいだよね? アハハハハハ(゚∀゚)

第20話 「ダークチップをよこせ!」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

照れてる熱斗くんが可愛いっすなぁ。
あとリムジンでディメンショナルエリア(に覆われる直前の建物)に突っ込む副社長が恰好良いw
「ネットセイバーはここにも居るぞ!」とか「覚悟しろ!」とか、この回は台詞が全体的に面白いと思います。古臭くて。
にしてもAXESSのCFシーンはイイですね(´Д`*)

ところで何故に熱斗くんはCFしないんだろうねこの回。
炎山1人で戦ってるのが物凄い違和感。
「炎山!」
「…(フッ)」
ってゲームみたいな反応は萌えたけども。
…ああそうか、今回の副社長はゲーム寄りなのか。納得。

第17話 「強襲ビーストマン!」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

今回、なんか気持ち悪いくらい作画が豪華ですw

(敬称略)
高見明男
石原 満
石川健朝
加藤はつえ
加藤雅之
花井宏和
竹谷今日子
松村拓哉
近藤 治
世良悠子
荻生 勝
月見里智弘
宋 承澤
崔 富京
近岡 直
手束淳子
川本まりこ
和田勝之
藪 勇樹

なんでOP作画担当とか作監クラスの人がこんなにいっぱいー!?Σ(゚Д゚;)
道理で色んな絵柄が混ざってると思った!
そして肝心の作監はなんと最愛・足立慎吾さんでした。
の割に足立さんっぽい絵は殆ど無かったワケですが……これだけ豪華な人が描いてるんだから手直しとか必要なかったのかなぁ。納得したけど残念。
ちなみに高見さんは絵コンテもですね。そごいなぁ。

2006年12月12日

第13話 「クロスフュージョン消滅!」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

※今回とみに変態じみた文章なので、普通にエグゼを楽しんでる健全なちみっ子(お子様)がいたら、読むのやめといてくれると嬉しいな!

CF炎山の登場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

CF炎山は初です、この回がシリーズ通して初の出演となります!!!
Streamに入るとCFデザインが若干リニューアルされちゃうんで、この尻尾髪のCF姿が見れるのはAXESSだけ!(ジャンプのアオリ風)
尻尾髪かわいいよ尻尾髪! (´Д`*)ハァハァ

自称・スーパーウルトラグレートスペシャルパーフェクトネットセイバーの熱斗くんとかも良かったw
(こういうつまらない所で技量を要求されるエグゼのアフレコは本当に大変だと思います、比嘉さんGJ!)


ところどころ好きなシーン語りでも。
珍しくカフェでお茶なんかしてる副社長。
普通に座ってるだけなのに明らかに風景に溶け込んでないwww
ちなみに作画の問題じゃありませんよ、髪型の問題です!
カリメロ目立ちすぎwwwwww

そこを通りがかった自称・スーパーウr(略)NSの熱斗くんと会話。
熱斗くんが色んな偶然が重なって見つけたダークチップ工場ですが、炎山は論理的根拠から目星がついていた、と自慢げに語るシーンですw(微妙に違。
いつものように「精々頑張れよ」だか「油断するな」と言い残して炎山が席を立った後、残された熱斗くんがポソっと「嫉妬したからってあんな言い方しなくてもさー」みたいな事を言うんですが。
いやいや、流石にあれが嫉妬心から出た台詞だったら、炎山が萌えキャラになってしまうから!!!w(充分萌えてるけど)

その後、初登場のデザートマンと熱斗くんが戦闘。絶体絶命のピンチに陥る。
とそこにCF炎山が登場!(やっと冒頭の話題に)
尻尾髪かわいいよ尻尾髪ハァハァ。

それでですね、何がすごいって。
体力エンプティーな熱斗くんは倒れてるワケですよ。
その熱斗くん視点で、目の前に立つCF炎山を見るわけですよ。

いつも髪の毛で隠れてる尻がぁあああああああ!!!!!!!

しかも画面に映ってるとかじゃなくてドアップ!
Stream〜BEAST〜BEAST+と見た中でも滅多に見れなかったのに!
初登場時にこんなサービスカットがあるなんてぇぇぇええ!!! _| ̄|○

うっかり手が滑って絵が1枚出来てしまいました。(ギャラリーに置いてみた。

ちなみに↑の直後、CFが解けて私服の副社長の尻も(もういい。

こんなに性的に炎山に萌えたのは久しぶりです。
本当に変態でごめんなさい。記事ジャンル「アニメ・コミック」で登録してあるけど、正しくは「変態」な気がしてきました(そんなの無いけど)。
炎山エロかわいいよ炎山!(´Д`*)
エグゼからは未来永劫卒業できない気がします。沢山の萌えをありがとう!!


1つ前の話の幸雄についても触れようと思ってたけど、それどころじゃないので忘れておこう。すまん幸雄。

2006年12月07日

第7話 「電子の花園!」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

プラントマーーーン!!!!

低音吉野さん大好きですハァハァ。
一人称“私”だとか、ナルシー系にカッコツケの癖に恰好悪い(ある種ヘタレ)な所とか全てが素敵だと思います。敵ナビの中では1,2を争うくらい好きだったり。

TVで例のIPCのCM(君のハートにプラグイン)を見て熱斗くんが笑い転げてる描写がありました。
正しい反応する人が居て良かったwwww

あとヒノケン&ファイアマン久しぶりだった。
最後の、
熱斗「ヒノケン、ありがとな〜」
火野「どういたしましてーッ!!」

に吹いたwwww
仮にも悪の組織の一因だった人が「どういたしまして」って礼儀正しいにも程があるwwww

だがこの微妙さがエグゼらしくてイイ(・∀・)!!

2006年11月30日

第4話 「ソウルユニゾン!」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

初のソウルユニゾンはロールソウルでしたよーっと。
ちょっとチャイナ風味入ってるのが好き。

今回は、メイルちゃんが可愛かったり、ロールちゃんが可愛かったり、熱斗くんが恰好良かったり、フラッシュマンがシャイニング・ブラウザ・クラッシャーを使ってくれなかったりと見所たくさんでしたが。
何よりも冒頭の。IPCの新PETのCMが。

「君のハートに、プラグイン!!!」

噂には聞いてたけど初めて見た━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!!
これは!これは笑っちゃうよ!!!w
ものっそい営業スマイルかつ、他では聞けないような甘い声です。
思わず「アンタ誰」とか言いたくなるような営業用の顔!

IPC副社長にして宣伝頭・伊集院炎山!
一生ついて行きます!!! (´Д`*)

2006年11月28日

第2話 「ネットシティ消滅!」 [ロックマンエグゼ>AXESS]

OPが「二つの未来」!
シェードマン様が華麗に参上!!
EDが「光届く場所」ぉ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

何から何まで懐かしくて嬉しくて、血沸き肉躍るよ!(日本語あってます?)

ああもう二つの未来も光届く場所も超名曲なのにCD出てないのが本気で惜しい。
という訳で皆さんも↓れっつ・賛同。


今日はまだ第2話だったワケですが、クロスフュージョン(以降CF)についての説明と、熱斗くんが貴船総監&真辺さんにネットセイバー(以降NS)の勧誘を受ける話でした。
祐一朗さんの声がまだ川島得愛さんじゃなかったり、CF出来るようになった直後だったり、「二つの未来」にSEが入ってなかったり、ホント新鮮だな!

CFした直後、
ロク「がんばろう、熱斗くん!」
熱斗「行くぞ、ロックマン!」
みたいな掛け合いがあって、その時にリアルロックマン(要するにCF中の熱斗くん&ロックマンの事。以降Rロックマン)の顔に、元のロックマンの顔と、バンダナ外した熱斗くんの顔がオーバーラップするんですよ。
やっぱり熱斗くんはバンダナ無い方が可愛いなぁと痛感した瞬間。(コラ。

それにしても、初代とそれ以降って完全に別シリーズだなぁとか思った。
AXESSから続くCFやらNSやらの設定は、その後のシリーズ全てに共通してますから。
むしろ初代の面影残ってるのってそれこそキャラクターたちだけじゃねいかと。
それが悪いとかでは無いですよ念のため。ただ初代を全話見たあとだとちょっと寂しいなぁ、とか。AXESS以降から入った人はマサさんとか知らないんだろうなー。(てゆか自分がそうだった。

などとちょっとノスタルヂィを感じつつ。やっぱAXESSは良いネ!
何て言うか、絵柄が。石原さん風味を残しては居るんだけど、クセが無いように加工してあるんですよね。Streamは石原さん風味強すぎて苦手だったので…。
ちなみに最萌え絵柄はBEAST+の足立さんの絵ですw
つかもうBEAST+についても盛大に語りたいのですが、最終回の感想をまだ書いてなかった事に気付いたので、それ書き上げてからにしたいなー、と。
( とりあえず今月中はムリですゴメンナサイ _| ̄|○ )

2006年11月26日

AXESSスタート [ロックマンエグゼ>AXESS]

久しぶりにカテゴリ追加しました。
「ロックマンエグゼAXESS」でございます。

何を隠そう、僕がエグゼにハマったのがこのシリーズ(の途中から)!!
なので1,2を争うくらい好きだったりします。絵が1番すっきりしてた気がするし、OP&ED、どっちの歌も好きなので。

なのに、シリーズ約50話のうち20本くらいしか見てません。
見始めたのがそもそもシリーズ半ばだったのと、当時は炎山が出る回しか見てなかったという阿呆行動を取ってた所為でして。
エグゼの面白さが解らなかったなんて…勿体無い事してたなぁ('A`)

そんなAXESSなのですが、CSのキッズステーションにて放映が始まりました!
11月24日(金)開始の日替わり放送です!!

…………第1話見逃したーッ!!! _| ̄|○
いや実は前にもAXESSやってたんだけど、その時も第1回を忘れてて、「CSだったらまたすぐ第1回放送するから大丈夫だろう」とか甘く見てたら、その次の放送(今回ね)までに半年以上かかりました…。

その間に我が家ではチューナー取り替えてデジタル対応になってしまったので、CS番組はワンスライトという制限がかかっちゃって、録画してもDVDに焼けないという悲劇。前の時に全話録ってれば焼けたのに…!!
ちゃんと発売してる奴をお金払って買えという神の思し召しですかね。ふぅ。

話が脱線しました、すみません。
そんなこんなで、AXESS第2話が今日・月曜日から日替わりで放送されます。
7時からと18時からと1日2回放送されてます。
見れる方は是非に!僕と一緒にエグゼ熱を再燃させようぜ…!!


っつーわけでカテゴリ作ってみました。
どこまで感想書くかは謎ですが、やっぱりブルースがダーク化する辺りになったら盛んに更新するんじゃないかと思います。炎山炎山連呼しながら。
またしばらくお付き合い頂ければ幸いです。