2008年07月13日

第9回2008夏調査 [その他アニメ>まとめ]

恒例のアニメ調査室(仮)さんのデータ収集参加記事です。

{追加評価}(自由記入、過去参加者のみ)
なし

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)

07.仮面のメイドガイ(評価:まあ良い)
原作読んでないんですけど、キャラデが原作に忠実すぎてびっくりしました。
声優の無駄遣い感もありつつ、すごい勢いで突っ走ったなぁ、とw
2クールかと思ってたら1クールだったんでちと物足りないです。

10.ギャグマンガ日和3(評価:まあ良い)
今までの勢いというかキレというか、そういうのが段々減ってる気がするんですが…。アニメにしやすい原作のネタが無くなったとかですかね?
でもやっぱり見てると笑ってしまうんで、このまま年に1回新シリーズ、みたいに続けて欲しいですw

15,ドルアーガの塔 -the Aegis of URUK-(評価:まあ良い)
GONZOの世界名作劇場以外のオリジナルで初めて普通に面白かったかもしれないw
ただ唐突に混ざるお笑い回がどうにもイタかったのが残念だなぁと。(あれはあれで面白かったとは思うんですが…うーん)
第2シーズンも見るつもりですが、どうせなら変な伏線とか全部スルーして、ドルアーガ倒して「おめでとう!」で終わってた方がスッキリしたんじゃないか、という気はします。

19,かのこん(打ち切り)(評価:見切り)
3話目を見逃してそれっきりで、気がついたら打ち切られてました…。
メインヒロインが痴女すぎるのと、主人公の優柔不断っぷりがどうにも我慢ならんかったです。ラブコメみてこんなにイラっとしたの初めてw
いやでもXEBECがあそこまでやるとは意外っていうか、すごい頑張ってたと思います。絵とか演出とか色々な意味で。(まぁ最初の2話しか見てないんですが)

以上になります。ムネモシュネ見たかった…。
なんか評価数少ないけど夏は仕方ないですよね!って事で。
それでは集計結果楽しみにしております。

2008年05月13日

第8回2008春調査 [その他アニメ>まとめ]

恒例のアニメ調査室(仮)さんのデータ収集参加記事です。
ついに締め切りに間に合わせられなかったのが心残りだ…。次は頑張る。という訳で肝心の評価です。

{追加評価}(自由記入、過去参加者のみ)
なし

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)

13.ハヤテのごとく!(評価:見切り)
理事長とか出て来てからはナベシン回以外切りました。
アニメ化して欲しいエピソードは沢山あったのに、あんなつまらないオリジナル展開されて残念でした。
はっちゃけた回(ガイナにグレンラガンパロやらせたりとか)の瞬間的な面白さ・向こう見ずさは良かったんですが…。
2期はヒナ祭り祭りあるなら見ます。

15.デルトラクエスト(評価:見切り)
世界規模な話題作だけあって丁寧に作ってあるなぁ、と。
切ったのは、ひとえに自分の好みに合わなかっただけ(こういう「いかにも」な児童文学が苦手なので)です…。好きな人には良いんじゃないかと。

20.素敵探偵ラビリンス(評価:やや悪い)
Eにするか迷うくらいすごくつまらなかったんですが、原因はどちらかと言えば原作っぽいんでDで。
「ずっとわたなべひろしのターン!」みたいな番組でした(演出的な意味で)。あと声優の無駄遣い。
でもラジオは(パーソナリティの)2人が地味に噛み合って無い感じが面白い&ゾナーネタ頻出で嬉しいんでもう暫く続けて欲しいですw

28.俗・さよなら絶望先生(評価:普通)
前シリーズより原作寄りになったからか、独特の演出に(自分が)慣れたのか、今度は面白く感じました。前よりは、だけど。
あとラジオが面白すぎて絶望する。絶望先生のラジオなんてちょっとサムいくらいだろうと思ってたのに…!

35.流星のロックマン トライブ(評価:まあ良い)
エグゼから続いてたこのシリーズもついに終わってしまいました…。10分枠で20話ちょいという短い中で、頑張ってまとめてたなぁと。
でもやっぱりシリーズ集大成としては物足りない…。のでAにはしませんでした。
それでも、前作(流星の無印)に無かった要素が増えたりして楽しかったです!!

37.H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-(評価:まあ良い)
面白かったのは原作の力かなぁとも思いつつ、マジカルおとは回が神だったのでBで。マジカルファーマーが最高にツボったw
ラスト直前の“今まで見えてたのは全部嘘でした”って展開おかげで、ハッピーエンドっぽく見えたラストシーンも実は主人公の夢(妄想)なんじゃないかとイマイチすっきりしない…。だがそれが良い!

39.ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-(評価:まあ良い)
面白くはないけど楽しめた作品。もしくはキャラが勿体ないアニメ。
脚本家云々は詳しく知らないけど、後半もマトモとも面白いとも言いがたい超展開だった気がしますよ?
魔乳にロリに人外に百合にアーッ!にヤンデレにNTR(とは違うけどなんかそんな感じ)…と色々盛り沢山だったので、キャラさえ良ければストーリーはどうでも良いという人が居たら超オススメ。

41.遊戯王 デュエルモンスターズ GX(評価:良い)
1年目は伏線張りつつバカ騒ぎ、2年目で雲行きが怪しくなり、3年目でまさかの鬱展開という、変遷の激しいアニメでした。特に3年目は、2年間かけて育てたキャラ達への思い入れがある分、そこいらの鬱アニメ以上にキツかった…。
でも伏線はきっちり回収した(と思う)し、前作ファンも楽しめるラストで、大満足です。

44.古代王者 恐竜キング Dキッズアドベンチャー(評価:まあ良い)
あんまりパッとしないように見えましたが、伏線を考えてみると実は奥が深くて、それを回収しながらのラストの盛り上がりは特筆すべきかと。
ただ、折角ショタ界隈で伝説作った監督が手掛けるショタアニメだったのに、そっち方面のサービスが殆ど無かったのは残念です!本来の視聴層を考えるとこれで良いんだろうけどさ!_| ̄|○
とりあえず2種類あるEDは、どちらも一見の価値ありだと思います。

46.ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ(評価:良い)
ゆとり世代の自分ですら「今更タートルズ?」と思ってたのですが、この1年見てた中では1番楽しかったかもしれない。話的にも絵的にも面白かった。
何より音響監督・ちばしーのおかげで次回予告の暴走っぷりがハンパ無かったし。ミケちゃんが「このスタジオ男ばっかで暑いんだよね」とか言った時は爆笑でした。スタジオとか言うなよ!!w
どうやらこのシリーズ、本国じゃ2年やった&次のシリーズ放送中らしいんで、是非すぐに続きを放送して欲しいです!同じキャストで!!

47.みなみけ-おかわり-(1-3月、アスリード版)(評価:まあ良い)
フユキが出て来ると途端につまらなくなったのはその通りだと思うけど、総合的にこっち(後期)のが好きでした。
!マークの演出や保坂の気持ち悪さがパワーアップしてたのは勿論、ちょっとしたホラー描写(ハルカさんが怒るとことか)が特に良かったです。
今後はヤンデレヒロインが居るアニメは全てアスリードに任せれば良いよ。ヤンデレ動かしたら世界一だよ多分。

48.みなみけ+みなみけ-おかわり-(通期26話)(評価:普通)
わざわざ制作会社を分けて作ったという点では、はっきり違いが出て面白かったです。ただ前期と後期で評価が全然違うと、こうやって総合で評価する時に難しいですね…w
個人的にはアスリード版だけあれば良いです。童夢版は…童夢版はなぁ…。無難ではあると思うし普通に面白いんだけど…絶賛したい要素が全然無かったんだよなぁ。手堅すぎてつまらん。(そもそもそのクオリティまで持って行くだけでも色々大変なんだろうとは思いますけども)
という訳で、前期の特徴無い感と後期のピンキリっぷりを見てCです。

以上です。
今回は2桁行ったー!このくらいが自分の限度な気がする。いやぁ充実していた。(時間にも追われたけど…)。
それとケータイで書き溜めたら文章が長くなりにくい事に気付いたので、今度からこうしようかなーとか。多分ああやって色んな人の意見が集まる場所に出る文章なら、変に色つけないほうが読みやすそうだし。

最後になってしまいましたが、いつも集計して下さってるquasiquailさん、お疲れ様です&ありがとうございます。次も(ありましたら)よろしくお願いします。

2008年01月30日

第7回2008冬調査 [その他アニメ>まとめ]

恒例のアニメ調査室(仮)さんのデータ収集参加記事です。

{追加評価}(自由記入、過去参加者のみ)
なし

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)

04.バッカーノ!(評価:まあ良い)
ちゃんと時系列とかキャラとか整理して理解できれば面白いんだけど…な感じ。
1回だけ読んだ原作からして、キャラの視点が行ったり来たりで解りにくい印象だった記憶はあるんですけどね。
どのキャラ視点か、は視覚的に訴えられるアニメだから解りやすかったんだけど、時系列を行ったり来たりしたのは失敗だったような気も。
でも原作で別々に出てる話を混ぜたのに、しっかり全部終わらせて、尚且つ最後にあそこまで爽快感のある終わり方になったのは素晴らしいと思います。
絵の面でも崩れにくかったりよく動くしで、昨今の原作モノにしては良い出来だったんじゃないかなーと。
原作知ってる人ならオススメ。知らない人は原作読んでからだと尚良いかも。

08.プリズム・アーク(評価:まあ良い)
いかにも販促アニメって感じでした。
エロゲ原作の割にはよく動いてた点はすごく良いと思ったんだけど…やっぱ画質保たなかったのが勿体無いなぁ。
あと脇キャラもちゃんと設定あったっぽいのに全然活かせてない所とか。これは主役をプリーシアにした所為なのか、1クールと短かった所為なのか…とにかく勿体無いなぁ、とそれに尽きます。
でも最初に書いたとおりエロゲ原作にしては頑張ってたし、大張演出がすごく強く出てるので、大張さん好きな人にはオススメできるかと。
とりあえずAWAKE(PS2版)が欲しくなる程度には面白かったです。

09.流星のロックマン(評価:良い)
相変わらず実質10分番組ですしグロスも多いけど頑張ってます。てゆか絵は可愛いし話は熱い(事もある)し、安定して楽しめる良作。
やはりこのシリーズは良いですね。続編(トライブ)もやってますので、途中からでも是非。

10.みなみけ(童夢版)(評価:普通)
「過度な期待はしないでください」というアバンの台詞に全て集約されてるんじゃないかと。ちょっと変わった人達が過ごすちょっと変わった日常を淡々と描くだけで、中身は特になし……こういう作風も1ジャンルとして定着して来ましたね。個人的にはあまり好きでないジャンルだったんですが、たまに大笑いできたので評価は「普通」で。
巷では「先生と二宮くん」が話題だったようですが、自分は毎回ふんどしって連呼してるニュースキャスター(しかも美声)が1番強く印象に残ってます。

12.ご愁傷さま二ノ宮くん(評価:良い)
最初は頭を空っぽにしてエロいシチュと絵を楽しむアニメかなーと思ってたんですが、意外とストーリーがあったしそっちも面白かったしで大満足。今期で1番好きだったかもしれん。
特にキャスティングは全体的に好きでした。合ってたし。具体的に言うと保坂先輩が好きすぎる。やっぱ宮田さんは腹黒役が最高にハマりますね。

全体感想…を何か書こうと思ってたんだけど忘れてしまったのでこれで終わりにしときます。おそまつさまでした。

2007年11月05日

[訂正版]第6回調査(2007年7-9月期) [その他アニメ>まとめ]

恒例のアニメ調査室(仮)さんのデータ収集参加記事です。
が。
前回書いたデータ、評価がコメントと食い違ってるという酷いミスをしたので、これは訂正版です…(´Д`;)
(他は前回書いたのと同じデータだけれども、前の記事消したので新規投稿です)
ちなみに訂正したのは18.エル・カザド(C→B)、32.ヒロイック・エイジ(B→A)、49,サルゲッチュ -オンエアー- 2nd(C→B)の3つです。



{追加評価}(自由記入、過去参加者のみ)
なし

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)
下の方にまとめました。まずは作品別感想。

03.ぼくらの(評価:普通)
最初の方は良かったんだけど、田中さんが出まくるようになってから段々つまらなくなった感じが。
鬱なら鬱方向で突き抜けて欲しかったかな。途中でブレちゃったり、最後はそこそこキレイに纏まっちゃったり、物足りなかったです。
でもジアースの重量感とか、得体の知れない素材で出来てる感じとかは、流石のGONZOクオリティでした。

17.Over Drive(評価:良い)
中盤の、回想メイン回が連続した辺りは流石にダルかったけども、でも篠崎の山岳賞とかゴールの直前・直後の盛り上がりがもう絶品でした!
いわゆる熱血スポコンとは違うと思うんだけど、でもそれに近い何かを持ってる。個人的に今期の最燃え作品でした。
でも、レースの結果である順位表に、さりげなくプロデューサーやらキャラデやらの名前が混ざってたのはちょっとびっくりしたぞ!w

18.エル・カザド(評価:まあ良い)
良くも悪くも真下風味が薄めだなぁと思いました。真下信者には物足りないけど、苦手な人でも割と拒絶反応出ないで見れそうな感じ。
ライトな真下好きの百合スキーな自分は、ナディとエリスが回を追うごとに仲良くなっていく様子に萌え萌えしましたー(゚∀゚)
変態とか百合とかオカマに萌えつつ、独特な演出を楽しめたモン勝ちって事で。

27.さよなら絶望先生(評価:やや悪い)
原作(主に単行本)の雰囲気をあそこまで再現したのは素晴らしいと思うが、でもそれだけ。せめて作画保ってくれれば…。
やって欲しかったエピソードは飛ばされたり中途半端に混ぜられたりで、予想通りに期待はずれでした。
新房監督はそろそろ原作モノやめてまたオリジナルに戻ってくれないだろうか…。

30.トレジャーガウスト(評価:やや悪い)
当時の感想は別記事を参照して頂くとして。
まだ試作品だと考えればそんな酷くないと思うんだけど、1つの作品としてみるとちょっと…。
3D自体は段々違和感なくなってきてるんだけど、2Dと合わせるとまだ浮いちゃうのが勿体無いなー、とか。
バトル自体は3D向いてると思うし、もっと纏まった話数で見れたら評価上がりそうなんで、是非続編を。

32.ヒロイック・エイジ(評価:良い)
重厚な設定、とにかく美しい画面、魅力的なキャラ、地味ながらも燃えるストーリー……萌え目当てで深くストーリー追わないで見てても目を楽しませてくれるし、中身考え出したら今度は色んな想像が膨らむし、で素晴らしかったです。
21話辺りで、キレたパエトー・オーの攻撃を銀の種族が皆で防いでくれるシーンは非常に燃えました。
あそこまで綺麗に終わってくれるとほんと清々しいですね。最終回のEDが流れてるシーンは涙が止まらなかった…(´;ω;`)

余談ですが、この作品で培ったCG技術で銀英伝作り直したらどうなるんだろうとつい妄想してしまいます。見たい。

34.ロミオ×ジュリエット(評価:普通)
GONZOの世界名作劇場イタリア編。
巌窟王の時は独自のSF設定がいい味出してたけど、今回はそれが足引っ張ってた感じ。
『赤い風』関連は良かったから、オリジナル設定が一概に全てダメとは思わないけど。
「可もなく不可もなく」以上に適切な言葉が見当たりません。
ただしマキューシオに関しては久々に良い小者キャラを見たなぁと満足です。

35.天元突破グレンラガン(評価:やや悪い)
最初の方は確かに燃えたし3話は超好きだったんですけど、悪名高い4話でまず萎えて、その後は殆ど燃えなくて流し見でした。カミナ死んだ時も含めて。
2クールしか無い中で4シーズン分も詰め込まれてた訳で、深みが無い…という言い方は適切じゃないかもですが、もっとその世界観をじっくり味わう時間が欲しかったです。勢いと根性だけでとにかく進め!というテンションに疲れてしまいました。

42.人造昆虫カブトボーグ VxV(評価:良い)
コドモアニメの枠を破った作品ですよ。これはアニヲタこそ見るべきだ。
1話とか14話とか、人智を超越した神回が数え切れないほどある一方で、本当につまらないどうしようもない回もちょこちょこあったので、平均してA評価にしてあります。
これの感想って実はつらいんですよね…「とにかく見て理解してくれ」以外に言える事が無くて。
企画が通った事も、実際に作られた話の中身も、存在に関わるが全て奇跡としか思えない21世紀最強のネタアニメ。とにかく、1度で良いからぜひ見てください。マジで。

49.サルゲッチュ -オンエアー- 2nd(評価:まあ良い)
フル3Dって事で、色んな挑戦してて面白かったです。スカートの中が見えそうな程のローアングルがやけに多かったりとか。
肝心のストーリーも、燃えあり萌えありカオスありで手広くやってて楽しめました。(その分ハズレ回も多かったのですが)
今回の経験を活かした次回作に期待。

52.魔法少女リリカルなのは StrikerS(評価:悪い)
間違いなく黒歴史。どこが悪かったのか、っていうレベルじゃないような…。
とりあえず、MAD素材としてはこの中で最優秀作じゃないでしょうか。それが良い事かどうかは考えないでおくとして。

55.スパイダーライダーズ -よみがえる太陽-(2期)(評価:良い)
「難しいテーマを、コドモ相手だからって手緩くはせず、解ってもらえるように伝える」
こんなコンセプトで作られてるコドモアニメ、そうそう無いですよ…。しかもコンセプト通りに仕上がってるなんて。
クセのある演出だったりクモだったりで敬遠する人は多いと思いますが、こういうアニメに見て育つコドモはとても幸せですよ。

以上、個別感想終わり。

*萌え総括編
ロミジュリのフランシスコさんは俺の嫁…!(もちつけ)
この期の最萌えおにーさんはフランシスコさんです。(ちなみにイオラオス、ロイド安藤と続くよ!)
金髪ロン毛であの髪型であの声で弓使いってもう、もう…!
ショタ部門はルメン王子が単独首位で、あとはオバドラの寺尾さんのショタ時代、なのはSSのエリオきゅん、グレンラガンのシモン、な感じで。
おねーさん萌えが足りなかったんだよなぁ…。まぁ百合萌えがあっただけ良しとしよう。

*感想の感想編
いつもに比べて短めにサッパリしてみた。でもこれでもまだ長い部類に入ってたら次回からは開き直ろうと思う。
最近気付いたんだけど、どうやら僕、他の人とアニメ見る視点違うっぽいですね。「評論」でなく「感想」だしなぁ…。常に浮いてるような。
でもこういう調査って色んな人の色んな意見を取り入れる事に意義があるんだろうと思い込んで次回もれっつチャレンジ。

2007年10月28日

新番組初回感想 [その他アニメ>まとめ]

今更ですがやります。いい加減スパラダだけやってるのも寂しいかなーと思ったので。(ちなみに最終回感想はまだ途中…)

*みなみけ
サイト見たときから思ってたけど、アニメ絵だと原作絵の可愛さが殺されてるなぁ。(※原作未読)
自分にとってあまり馴染みのないジャンルで戸惑ったのですが、とりあえずお姉ちゃんの可愛さに萌えれば良いんだと理解しました。あと藤岡くんが意外と可愛かったので今後も様子見。
しかしニュースキャスター(柿原さん)が良い声で「ふんどし」連呼しすぎで吹いたwwwww

*二ノ宮くん
根谷かわいいよ根谷(´Д`*)
マジ兄かわいいよマジ兄(´Д`*)
お辞儀するだけで微妙な乳揺れがあったりとかクオリティ高いなぁ。こういう頭からっぽにしてとにかくお色気を喜ぶだけのギャグアニメってすごい久しぶりな感覚。(自分が見てなかっただけかもですが)こういうのもたまには楽しいねー。
そして成田剣はまたこういう…もう普通の美形やらせてもらえないんじゃね?不憫なwwww
宮田さんも宮田さんでまたこういう……でもこっちは大歓迎です!!
(*゚∀゚)o彡゜ <ショタ!ショタ!

*ドラゴノーツ
小野Dの父親が杉田とか新しいなオイ!(違。
うのさんの絵ってこんなんだったっけー?とかつい思ってしまうのは僕だけだろうか。
竹若さんの声久しぶりに聞いたよひゃっほう!またヘンタイだと良いなw
ゴトゥーザ様の妖艶おねーさんって今までありそうで無かったジャンルですよね。
 非 常 に 好  み で す 。
この面白いキャスティングにネルケが1枚噛んでるというのが信じられん。鋼鉄三国志もそうだけど、最近のネルケに何があったんだ?
てゆかネルケが噛んでるなら前田剛さんの降臨を激しく希望したいのですががが。どうだろ。
あと柿原さんのキャラがいきなり全裸で吹いたwwwwwww
ちゃんとコマ送りして見たけどあの隠し方すげぇよ!ものっそい巧妙だよ!アニメーターさんすげぃよ!
それと予告の映像がなんかすごかった……男が胸まで隠すなよ!!

*素敵探偵
この記事の中で唯一声優目当てじゃないやつ。
冒頭だけで既にわたなべひろし臭がするよ!すげいや!(褒めてはいない)
この監督もいい加減原作モノやめた方が良いんじゃないかなぁ。原作ファンが肯定してる作品見たこと無いぞ。
にしてもみゆきちのショタYABEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
あれか、ぴたテン以来か。これはいいショタ(´Д`*)
終盤の演出には萎える一方だったが、敬語ショタっていう基本設定が強力すぎてもう…!
余談ですがDEENの新ロゴは主張強すぎでウザいと思います。

*プリズム・アーク
ハヤウェイたんが何もかもツボです。今期の最萌えキャラ最有力候補です。
もうちょっと大人しいというかむしろ天然キャラを想像してたけど、やっぱ騎士様だけあって熱血入ってるんですねー。柿原スレだかで「まんま21歳シモンじゃんw」て言われてたけど確かにそんな感じ。
個人的に今期新番の中で1番好きかもしれないw
ゲーム系の曲って盛り上がるからいいですね。

2007年07月06日

第5回2007夏調査 [その他アニメ>まとめ]

例によってアニメ調査室(仮)さんのデータ収集参加記事です。
列挙すると邪魔なので今回もテキストエリアで。



{追加評価}(自由記入、過去参加者のみ)
なし

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)
1月新番の2クールは少ないし4月新番は2クール以上のが多いしで、見たのが2本だけという酷い状況('A`)
AFRO SAMURAIは見てみたかったのにやってた事すら知らなかったYO!と思ったらそもそもスクランブル放送なので見れませんでした。不幸中の幸い…かな?
以下作品別感想。

14.獣装機攻ダンクーガ ノヴァ
よく解らないまま終わってしまったなぁ、と。最後の方とか色々すっ飛ばしてたし。
朔哉がホームレスやってた事情とか、本編開始前に公式サイトで設定見て以来ずっと明かされるのを楽しみにしてたのに、本編で触れた記憶が一切ないです。(見逃した回が1回あるからもしかしたらやったのかもだけど)
元のダンクーガを見てた人達には面白かったりしたのかもですが、最近の萌えアニメとかに飼い馴らされてる自分からしてみると、楽しみにしてたキャラの中身とかに迫ったりとかが全然無かったのですごく物足りないです…(´・ω・`)
人間同士のゴチャゴチャは面倒で嫌いで、昔ながらのロボットが恰好良く大活躍するのが好き!みたいな人には向いてるかも。
もう1クールあったらもっとマシだったのかなぁ…。
あ、ちなみに作画もあんま安定してなかったです。

でもセイミーさん×朔哉のフラグとか、そういう割とどうでもいい小ネタがちょっと面白かったりしました。

18.セイント・ビースト -光陰叙事詩天使譚-
とっても予想通りでした。主に悪い意味で。
とにかく美形な男同士がイチャつくだけ、声優は豪華だけどストーリーとか深く考えたら負けなアニメでした。
SBという世界が好きな方と男性声優ヲタ、それと少女マンガ的な男同士のイチャイチャを見て楽しめる人にはオススメできるかと。燃えとかは一切ありませんが。

あ、そう言えばアクションシーンが案外頑張ってた気がします。
技出す所とか結構恰好良かったんで、初回以降ずっと同じバンク使い回しだったのがちょっと勿体無かったです。あのクオリティで毎回描いてくれたらそれだけで評価1つ上げたんですけどねぇ。
あと思ってたよりは作画が崩れなかったな…。クセがあって描きにくい絵だと思うんですけど、あんまり酷い回はそんな無かったような。

個人的にはケダ天(ラジオ)の元ネタとして押さえといたんですが、本当にそれ以外の何でも無かったです。
SBという括りはどうでも良くて、とにかく出てる声優さんが好き!な方とかは、ラジオだけ毎回聞いとけば良いんじゃないかと。


以上、個別感想おしまい。
毎回評価数が減ってる…。今回なんてたった2個だけなのに参加して宜しいんでしょうか(´・ω・`)
でも次回は終わる番組多いから大丈夫…だと思う、多分。

2007年04月19日

第4回2007春調査 [その他アニメ>まとめ]

例によってアニメ調査室(仮)さんのデータ収集参加記事です。

列挙するのも見にくいという事なので、今回はテキストエリアで投稿。




{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)
相変わらず視聴数が少ないのですが、もう自分はこんなもんだと開き直ります。
そして以下、個別感想。

02.妖逆門
材料は、材料はとても良かったと思うんだ…!
世界観とか、世界観とか、大体のストーリーとか。
でも、ここぞという場面で悉く表現方法(絵コンテしかり、各話での脚本しかり、原画しかり)を外してる印象。第40話『ロンドン、ラストステージ!』みたいに、その辺がしっかり噛み合った回はすごく良かったんですけど。
材料は良いのに調理法を間違える、ってのはこういうのに使うんだろうという典型です。本当勿体無い。
ちなみに漫画版は成功例=上手く調理した結果、だと思います。アニメ原作モノでコミカライズ版の方が面白いってすごい稀有な例じゃないかと。という訳で、アニメで物足りなかった人には漫画版がオススメです。

08.RED GARDEN
今期“化けた”アニメその1。最初の1,2ヶ月を耐えられた人には幸福が待っていた。
…と言えれば良かったんだけど、最後の2話が削られた所為でどうにも尻切れトンボな終わり方なのが非常に惜しい。放送されるはずだった残り2話、見てみたかったです。

彼女たちの「謎」が解明されていくたびに、知識欲や好奇心と言ったものは満たされていくんだけど同時に鬱になっていく。いっそ見るのをやめてしまいたいんだけど答えが知りたい、という悪循環に陥ってました。
後半に入ってからの日常描写で大分救われたのだけど、それも全て無に帰すと判明しちゃったりして、もう鬱の嵐ですよ。
特に最終決戦直前のクリスマスの話は、ガチで泣いてしまいました(つД`)
「嵐の前の静けさ」ってまさにこれの事だなぁと。ファフナーの灯篭流しの回みたいな、と言って通じると良いのですが。
だからこそ、最終話がただキレイに終わってしまったのが残念でたまらないです。

声優ヲタとしてはプレスコ方式だったというのにも注目したい。
これは本当に声優さんの真の実力が問われますよ…。子安氏・みゆきちはガチとして、新谷さん・近藤さんの演技力には感動しました。

17.京四郎と永遠の空
萌え系のネタアニメとして割り切って見てしまえば、百合もやおいも豊富だし、カズヤ兄さんはすごい変態だし、そこそこ楽しめたんじゃないかと。
まぁカブトボーグを知ってしまった今となっては、ネタアニメとしても突き抜けてなくて、中途半端でつまらないとも言えるのですが。
真剣に見るんじゃなく、3歩くらい引いた視点から爆笑しながら見るのが丁度良いアニメだと思います。
名作とかにはならないけど、エンターテイメントとしてはある意味正解じゃないかと。

19.奏光のストレイン
今期“化けた”アニメその2。でもどうにもバタ臭い印象が未だに抜けない('A`)
萌えアニメにしては絵柄が古過ぎるのと、ストーリー重視にしては萌え方面のアプローチしてたのが失敗要因ですかねぇ。
3DCGはすごいキレイで凄いと思ったんですが、キレイなだけで爆煙のリアルさとか全然無かったから手放しで褒められないし。
唯一、ストーリーに関しては全力でオススメ出来ます。アルジェントソーマとかファフナーとかの世界設定が好きな人は特に気に入るんじゃないかと。
ラヴィニアは確かに貴重なガチ百合っ子ですけど、そういう萌え系を排除して、ハードSF路線を前面に出したらもっとなんとかなったんじゃないかと思います。
余談ですが、個人的にはもうちょいラルフ兄さんについて掘り下げて欲しかったです…。

22.デジモンセイバーズ
確かに“デジモンシリーズ”としては良作とは言えないかもですが、子供番組としてはこういうのがあっても良いんじゃないかと。
てゆか昨今こういうアニメ少ないよ!もっと熱く行こうよ!!(自分はこういうの大好きです)
作画崩れが多かったのが残念ではあるけど、もうそれは予想済みだったし許容範囲って事で。
熱血バカ主人公バンザイ!!
あと保志さんは永遠にこの方向性のキャラだけやって欲しいですなぁ。

27.おとぎ銃士 赤ずきん
前評判ほど酷くなかったと思います。少なくともストーリー面は。
あれほど萌え要素が前面に出てるのに、子供向け要素もちゃんとあるというのが個人的に好感度高。
確かに色々あざとい所もあったけど、それでも児童向け作品として必要な最低限の何かは満たしていたと思います。
ただ…ディートマルシュさんの伏線だけは回収して欲しかったんだぜ…('A`)

28.パンプキン・シザーズ
原作が良いんだろうな、と思った。無難に良作だったと思う。
個人的にはたまに話が冗長になって少し退屈だった。
でもキャスティングはすごく良かったと思います。メインキャラも、最後の山崎たくみさんもw

30.ヤマトナデシコ七変化
昨今のナベシンが毎回劣化してる気がするのは自分だけだろうか…それともKONIちゃんが凄すぎたのか…。
でもあれだけ酷かった作画が後半持ち直してたのは素直に素晴らしいと思います。
原作知らないから何とも言えないけど、多分ああいう異様なハイテンションで見せたのは正解かと。
ただ攻略キャラ(じゃないけどw)の男4人が一斉にしゃべる所なんかは聞き苦しかったから、ハイテンションで突き進むだけじゃなくて、そのテンションを保ったまま魅せる手法を確立して欲しいとか思う。

36.ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
赤ずきんの対極。思いっきり子供向けと見せかけて、中身スカスカのヲタ向けの最低番組。
こんなん子供に見せちゃだめだ!それだけは大声で言っておきたい。
前シリーズに比べたら大分改善したとは思うけど、それでもまだ最低レベルに達したかどうかくらいじゃないですかね?
キャラ萌えとか声優萌えとかの点で見れば好きだけど、あくまで“好き”であって“オススメ”は無理。

45.Master of Epic The Animation Age
ネトゲという知らない人は全然知らない世界を色んな人に見せるにあたって、あの番組構成はすごい効果的な手法だったんじゃないかと思う。
“アニメ”という媒体の新しい方向性を見た。(でも見切ったのはその他の面が自分の肌に合わなかったからです)
余談ですが、こういう短いのをハイテンションで押し切るような話ほど、ナベシン辺りにやらせたら上手く行くと思う。

56.ProjectBLUE 地球SOS(地上波放送版)
古くて逆に新鮮。地味と言えば地味だけど、すごい手堅く、着実に進めていった印象。
久しぶりにノベライズとか他媒体でも買いたくなりました。
レトロフューチャーという考えは初めて知ったけど、こういうのも良いなぁ、と。
あと子供を大事にしてくれる大人が出て来るアニメは良いですね。もっとこういう人、色んなアニメに増やそうぜ。

そしてこの話をこういう方向に持って行くのは非常に心苦しいのだけど、今期1番萌えたのもこの作品。
腐ったおねーさん・おにーさんにもオススメだよっ!

58.コードギアス 反逆のルルーシュ(23話まで)
面白いか・面白くなかったかで言えば確実に面白かったんですけど、自分は世間様ほど盛り上がれなかったです。
でもメカヲタ・腐った人たち・CLAMPヲタとかの厨っぽいヲタ・その他アニメヲタという全ての層に受ける作品なんて、本当に凄いなぁと思います。
総集編2回も入れたのに、「あのクオリティが保たれるなら」と否定的な意見が殆ど無かった気がするし。
でも、そのために第1シーズンのラスト2話っていう大事な締めの部分が押し出されたのは、正直ゲンナリだ。
あとジンは別に悪くない!解読不能はノリ良くて普通に良い曲!叩く意味が解らん!!大好きだよ!!
(詳しくは別記事にて)

以上、感想おわり。
シュヴァリエ見たかったよシュヴァリエ…_| ̄|○
今期1番好きだったのはProjectBLUEですかねー、やっぱり。
前期見れなくて悔しかったので地上波でやってくれて助かりました。そして密かに萌えまくりました。ペニーとか特に。
それとブソレンを見ないうちから切ってたのは本気で判断ミスだと思いました。
最終回だけ見たけど、やぱりXEBECはやれば出来る子だよ!!

前回調査のよそ様の感想を見て、自分のだけ視点が違うし文章のテンション違うし長いよ!と思って、視点はそのままですが他のは改善した、つもり。(それでも長いのは…すいません)
あと全体的に皆さん辛口みたいなので僕もそうしてみました。それでもまだ甘いかもしれんけど。

こう、「自分の他に誰も見てない可能性がある」みたいな作品が無いと気分がラクだけど、使命感が足りないですね。いや、無くていいんだけどさ、そんなモンw
ディノブレイカーの時のショックは未だに忘れない…。
(後になって他の方も感想書いてらして安心した)
つーわけで、今回の評価おしまい。
いつもの事ですが、たかが1視聴者の分際でえらそうな事吐きまくってほんっとスイマセン>制作側の皆さん。
文句とかあったらコメント欄にてどうぞ。ただ解読不能についてだけは絶対に引かぬ!媚びぬ!顧みぬ!!

2007年01月08日

第3回2007冬調査 [その他アニメ>まとめ]

今期もアニメ調査室さんのデータ収集に参加してみます。

2007冬(2006/10-12月期終了アニメ)調査

01,009-1,x
02,働きマン,x
03,ケモノヅメ,x
04,はぴねす!,x
05,僕等がいた,x
06,バーテンダー,x
07,N・H・Kにようこそ,A
08,HANOKA〜葉ノ香〜,x
09,あさっての方向。,x
10,ちょこッとSister,x
11,銀色のオリンシス,B
12,NIGHT HEAD GENESIS,F
13,少女チャングムの夢,x
14,ProjectBLUE 地球SOS,z
15,BLACK BLOOD BROTHERS,F
16,くじびきアンバランス,x
17,Funny Pets 2ndシーズン,x
18,イノセント・ヴィーナス,A
19,魔法食堂チャラポンタン,x
20,らぶドル 〜Lovely Idol〜,x
21,乙女はお姉さまに恋してる,x
22,ギャラクシーエンジェる〜ん,x
23,ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜,x
24,爆球Hit!クラッシュビーダマン,x
25,ツバサ・クロニクル 第2シリーズ,x
26,BLACK LAGOON The Second Barrage,x
27,Gift 〜ギフト〜 eternal rainbow,x
28,砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2,x
29,ワンワンセレプー それゆけ!徹之進,x
30,増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 2,C
31,夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-,x
32,マージナルプリンス 〜月桂樹の王子達〜,x

{追加評価}(自由記入、過去参加者のみ)
なし

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)

見てないの多いなぁ…('A`)
ちょこシスとか何回か見たんだけど、ちゃんと視聴したって感じじゃないし…
ブラクラは全話録画したんだけど、全然見てないし_| ̄|○
(これは次回に追加評価するかも)
もしかして評価に参加する資格がないんじゃないかとか思いつつ、懲りずに参加してみる。

以下、個別感想。

07. N・H・Kにようこそ!
演出とストーリーが秀逸でした。
でもストーリーって漫画版に忠実なだけ(だと思ってる)ので、アニメとしての評価からは外して考えてみる。
と、残るは演出なワケで。
どんどんダメな方向に落ちていく佐藤の見せ方がすごい上手くて、「あるあるw」と笑いつつも、
思い当たる節が多過ぎて居た堪れなくなりましたw
終盤の山崎が田舎に戻る回とかも上手くて、山崎が重要キャラだったと改めて思い知ったり。

それに拍車をかけるのが、佐藤役・小泉さんの熱演。槌谷遥(こんな字だっけ?)とは比べ物にならないくらい演技力でした。
佐藤につられて何度泣いた事か…(それ以前に僕が元々泣きたがりだったりするのですが)。
牧野さんも可愛かった!すげぇ癒されまくった!!牧野ボイスのアルファ波放出っぷりにこの作品のおかげで気付きました。
あと阪口さん(山崎)のヲタ再現っぷりは相変わらずネ申レベルだw
早水さん(委員長)の怒鳴り声は個人的に好きすぎるし。

惜しむらくは、作画崩壊が酷かったなーと。
安定してる回と、崩壊してる回の落差がものすごかったです。委員長の家に言った回とか見てられなかった。
それさえ無ければ名作入りでした。あ、エロ度で言えばかなりのレベルでしたがw

原作の原作(小説版)しか読んでないので、アニメオリジナルがどの程度入ってたのか判らないんですが、
原作通りだとしたらすごい再現度だったんじゃないかと。下手したら漫画版より凄いかも。
本当に作画だけが残念でした。
あと、これを全話見たおかげで滝本さんが神だと再確認。
ヒキコモリの心理をここまでリアルに(=エグく)表現したのは、やっぱ本人がヒキコモリだったからなんだろうけど、
それにしても凄い。
また小説書いてくれないかなー、また小説書けるようになって欲しいなー。

11. 銀色のオリンシス
客観的に見てB評価ですが、好きレベルで言えばA評価クラスです。
詳しくは前に語ったのでここでは短めに。

これも作画が残念だったなぁ…。個人的には物凄く好きだったけど。
平井さんの絵って、ちゃんと再現できて初めて魅力が発揮されるんだなーと実感した。
(あんなに腐女子絵って叩かれて実際腐れ人気があったのに、この作品が見向きもされてないのはその所為かと)
セレナさんの横チチとか神だったんだけどな!w
あと袖なしタートルネック属性としては、テアがすげー可愛かったです。やっぱ平井さん絵は大好きですw

「一昔前のアニメ」って言われてるの見たりして、その通りだと思ったけど、でも何かそれが心地よかったw
ストーリー(脚本)も多分ツッコミ所は多々あったんだろうけど、僕は気にならなかったなー。
ジン→セレナをずっと匂わせといて引っ張って引っ張って、あのタイミングでジンを死なせるってのは上手かったと思うし。
世界観自体はメディアミックス展開してるからしっかりしてるんだろうなぁ。(小説版の続きが楽しみだ)
やっぱキャラ同士の立ち位置とか、距離感とか、そういうのがすごい良かったです。好きでした。

全体的に好みだったんだけど、でも「最高!」ってほどじゃないんですよねー。何故なんだろう。
ストーリーが薄っぺらいのかなぁ…でも1クールだからあのくらいじゃね?って気もするし。うーむ。
あ、声優さんは好きな人ばっかりで大満足でした。入野さん恰好いいよ入野さん。名塚さん癒されるよ名塚さん。

余談ですが、これの主役のトキトが、自分の中で「ショタ」と「おにーさん」のボーダーラインです。

12. NIGHT HEAD GENESIS
「美形兄弟」っていう耽美風味と、ストーリーのあまりの鬱っぷりに耐えられませんでした…。
第1話のショタ時代だけで5話くらいやってくれたら、もっと見続けてたのになぁw
あけのんのショタかわいいよショタ。

18. イノセント・ヴィーナス
スパラダが終わって燃え尽きた(萌え尽きた)後、これがあったために一時的にやる気が出ました。それくらい好きでした。
(これ終わってまた暫く萌えが足りなくてヘタレてましたが)

平成009が好きだったので、演出はすごい好みでした。
やっぱこの監督の見せ方は綺麗ですよ。炎の中でシルエットだけ見えるシーンとか、やっぱ見惚れるし。

設定が複雑だったのと、銃器関係の拘りがマニアックだったのとで、抵抗感じる人が少なくなかったんじゃないかなーと。
かく言う自分も苦手だったんですが、ラジオとかドラマCDでその辺のフォローはしてたんで、なんとか。
(おかげで銃器に少しばかり興味が湧いてきた)
中身面白かったんですけどねー(´・ω・`)
やっぱ仁が本性出す辺りが最高に萌えました。あ、いや、燃えました。
あと曲が好きだったなー、本編もOP&EDも。(Noble Roarが初めての妖精帝國でした)

ストーリーだけ見てたら結構、腐の人に人気出そうだったんですけどね…。そもそも見てる人が居なかったようで。
丈さんあんなに萌えキャラだったのにw(ぇー)
OP明け、虎次のふんどしから始まった時はどうしようかと思ったぜwwwww

ラジオ聞いてて実感したんだけど、やっぱ銃器とか、戦闘関係への拘りが半端なかったです。
銃弾込める所とか、敵に隠れつつ撃つ所とか、すごい現実に忠実に作ってるのが伝わりました。

全体的に面白かったし、すごい萌えさせて貰いました。
作画も人員とか酷かったみたいなのに、すごく頑張ってたと思います!
(たまに崩れてたけど、崩れてるのを感じさせない工夫してあったので僕的には全然問題ない範囲だと思う)
中身追わないで絵のキレイさだけ眺めてるだけでも、そこそこ楽しめる作品だったんじゃないかなーと。
…や、ストーリー追うと更に面白いですが!
あと腐れフィルター装着して見るとすごい萌えの宝庫だったと付け加えておく。
珍しくSSなんぞ書いてしまったくらい萌えた)

30. 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和2
中身は面白いんですけど、前作に比べて詰め込みすぎかなーと思った。
明らかに台詞の間隔詰めてるし。あれじゃあプレスコの意味が無いと思う。
最初はOPが(仮)バージョンだったし。あれ未だに意味判らんのですが、ネタですか?
いやでもギャグ系の漫画って須らく映像化するとつまらなくなりがちなのに、原作の味をちゃんと活かして笑える作りになってるのは凄いと思います。前作の方が更に良かったですが。

それはそれとして、あれだけ使い回されてるのに、殆どキャラが被らない声優陣に拍手を送りたい。
(ただし名塚さんは除く。…いや、女声少ないから必然的に目立つってのと、元々声が特徴的なのが主な理由だと思いますが)

あ、芭蕉さんが最上川で流される話が好きでした。
てゆか曾良くんが好きです。松尾ばしょんぼり。

2006年10月09日

2006秋期(7-9月)終了アニメ調査参加 [その他アニメ>まとめ]

こちらの企画に参加。
http://anime-research.seesaa.net/article/25029893.html

2006秋期(7-9月)終了アニメ調査

01,吉宗,x
02,BLOOD+,x
03,capeta,x
04,シムーン,x
05,神様家族,x
06,韋駄天翔,F
07,xxxHOLiC,F
08,エア・ギア,F
09,ガイキング,x
10,となグラ!,F
11,姫様ご用心,x
12,無敵看板娘,x
13,TOKKO 特公,x
14,アクビガール,x
15,アニマル横町,F
16,いぬかみっ!,F
17,サルゲッチュ,B
18,ゼーガペイン,x
19,ゼロの使い魔,x
20,貧乏姉妹物語,x
21,妖怪人間ベム,F
22,GUN道MUSASHI,x
23,.hack//Roots,B
24,うたわれるもの,A
25,こてんこてんこ,x
26,ウィッチブレイド,x
27,エルゴプラクシー,z
28,ディノブレイカー,A
29,桜蘭高校ホスト部,x
30,ARIA The NATURAL,x
31,エンジェル・ハート,x
32,ひぐらしのなく頃に,x
33,まもって!ロリポップ,x
34,スパイダーライダーズ,A
35,機神咆吼デモンベイン,D
36,ブラック・ジャック21,x
37,つよきす Cool×Sweet,x
38,ストロベリー・パニック,F
39,格闘美神 武龍 REBIRTH,x
40,スクールランブル二学期,x
41,砂沙美☆魔法少女クラブ,x
42,ハチミツとクローバーII,x
43,コヨーテ ラグタイムショー,x
44,ああっ女神さまっ それぞれの翼,x
45,ロックマンエグゼ・ビーストプラス,B
46,内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎,x
47,ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜,x
48,恋する天使アンジェリーク 〜心のめざめる時〜,F
49,ポケットモンスターアドバンスジェネレーション,F

50,ガラスの艦隊(ABC),x
51,ガラスの艦隊(テレビ朝日)打ち切り版,x


※今回ガラスの艦隊は放送局で分けてあるので注意

{追加評価}(自由記入、前回参加者のみ)
(前回参加してないので無し)

{総評、コメント}(自由記入、引用する場合あり)

ちょこちょこ見てたのはあるんだけど、8割以上見てたっていうと物凄く少ない事に気付いた。
ストパニとか韋駄天とか、最後の方しか見てないもんなぁ…。
そんな訳で、F評価の奴はすべて「たまにしか見なかった物/終盤から見始めた物」で、「見切り」ではありません。

スパラダとディノブレイカーはぶっちぎりで良作でした。
何故か視聴率1%切ってたらしいけど、スパラダのあの空気は好きな人にはもうたまらないと思うのですよ。悪く言えば「見る人を選ぶ」って事ですが。
でも勧善懲悪でもないし、子供に見せたいアニメと呼べないでもない。
ディノブレイカーの方はもう完璧に「子供に見せたいアニメ」です。地上波でやらないのが勿体無い。どうかDVD出して下さい(´Д`;)

あとうたわれも激しく良作でした。SF展開についていけなかった人も居るみたいですが、あれは原作からああだから…(って自分がプレイしたの、冒頭の少しだけですが)。
原作から良かったんだけど、アニメ化でそのクオリティを落とさなかったってのがすごい。絵もずっと安定してたし。
何より、番組終盤から始まった「うたわれるものらじお」が秀逸すぎて…w
あれ聞いた後に本編のハクオロさんとエルルゥの関係を見ると笑いが込み上げてしまうですよw
聞いた事ない人はゼヒ!って最近サーバー落ちまくりで滅多に聞けないのですけど。
音泉さん、サーバー強化ほんっとお願いします。

デモベは…デモベは仕方ないんだよ(つД`)
原作やってないとサッパリな視聴者置いてきぼり展開だったけどさ。
でも、予定の半分の1クールにされてしまうという悲劇の中で、黒田さんは頑張ったよ…!
最後のトゥルーEDとアルEDを絡ませたオリジナルの結末は良かったです。
あとキャラデがアレだっただけで、僕は意外と作画は安定してたように思うのですが。世間じゃどうなんだろ。

最後にエグゼですが。
休んでた期間も入れると5年に亘って放映され続けたシリーズの最後としては、確かに15分枠だし物足りないさ。
でも、だからって最終話のクオリティが下がるワケではなかったし!
そもそもBEASTからBEAST+になって、キャラデに足立さんが入った事により絵的に可愛くなったし。
15分枠で2クールなのに、恒例の水着祭りやってたし。
もしかしたら「ロックマンエグゼ」シリーズ中で1番好きだったかも、BEAST+。
要するに、僕は大好きだったよ!!!
ただ、作画監督によって絵が変わったりする辺りが「良作」ではないと思うのでBで。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。